元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

ドイツの大学で歴史を研究する伊藤智央のブログ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います

社会評論

日本人があまり知らない宗教のメリットとは?

宗教と聞くと、「争い」といったネガティブな事柄を思い浮かべる人もいるかと思います。 信仰のために人を殺し合うこと*1も現に起こっています。また新興宗教のように、しつこく勧誘に来て、お布施を巻き上げる詐欺のイメージをもっている人もいるでしょう。…

【キラキラネーム】ドイツ語っぽい名前を赤ちゃんに付けると恥をかく理由

ドイツ語っぽい言葉の響きがかっこいいから、ドイツ語っぽい名前(以下、姓名の内、「名」の意)を赤ちゃんに付ける人がいます。 例えば リヒト(Licht:光 ひかり)→例:理人 ハルト(hart:剛 つよし)→例:春人 アイネ(Eine:一 かず)→例:愛音 マハト(…

【体験者が語る】事前に知っておきたい国際結婚の良い点、悪い点

さて、日本人同士の結婚と比べて、国際結婚をしていると日常生活においてどのような違いがあるのでしょうか? 多くの場合、国際結婚であろうと、「国際結婚」自体のメリットを目当てに結婚するのではなく、相手の個性に魅かれて2人の人間が結びつくことが大…

日本の新卒一括採用システムが海外に比べて圧倒的に恵まれている理由

ドイツで「新卒」就職した私は、いつも日本の就職事情を羨ましく思っていました。 というのも、大学で勉強した科目にもよりもますが、文系学部*1だと、日本での就職が圧倒的に簡単だからです。 日本の就活生は自分がどれほど恵まれた環境にあるのか自覚して…

トランプ、EU離脱、移民排斥。大衆迎合型政治が支持を受ける理由

近年は、トランプの大統領当選、イギリスのEU離脱、移民制限を唱える政党の欧州での台頭と、大衆迎合型の政治が支持される傾向が続いてきています。 これらの政治に特徴的なのは、既存のエリート層への反抗を掲げていることであり、これまでの政治やメディア…

ホームステイ受け入れ先で私が体験した居心地の悪さ

オーストリア・ウィーンで2週間ほどホームステイを体験したことがあります。その際、トラブルに近いことがありました。 役所同士のプログラムで文化交流をする機会があり、それに応募してホームステイすることができました。こうした経緯でホームステイした…

ドイツ人が見る日本社会の7不思議

日本に留学し日本に数年滞在したことのあるドイツ人から聞いた話をもとに、日本で見たもののうち、彼らにとって理解できない事柄を挙げてみました。 日本に長く住んでいると、見慣れて当たり前のように見える光景でも、外から見ると、不思議に映るものがあり…

なぜ日本では、電車の中で化粧してはいけないのか?

電車におけるマナーを訴えかけるCMが日本では放送されています。その中には、他の乗客の迷惑となる行為が批判されていますが、その中には、車内で化粧をしている女性への批判があります。 しかし、なぜ車内で化粧してはいけないのでしょうか。それは化粧だけ…

ドイツ人に、過労死するまで働く日本人をどう思うのか聞いてみた

過労死や過労自殺は、日本のメディアでしばしば報道されます。 とりわけ有名な会社で起きたり、ひどい扱いから過労死にまで追い詰められていたことがわかると、大々的に報道されます。 そこで、ドイツ人(50代の女性、エレベータ―販売会社でエレベーターシス…

ドイツに「秋」がないと考える1つの理由

「日本にしか四季はない」、「海外では日本ほど四季が鮮明ではない」という外国観が日本の一部では聞かれます。 このステレオタイプに対して、「何バカなこと言ってるんだ、他の国にもきれいな四季はある」という反論も見られます。 確かに「日本にしか(明…

過労自殺の3つの原因と、会社に追い込まれないための1つの防衛策

日本で過労自殺する人は年間2000-3000人にものぼります。そのほとんどが被雇用者、つまり会社員です。*1 死ぬということは、本当に人生の終わりを意味しています。しかしそれでも、死を選ばなければならないということは、よっぽど追い詰められて、目の前の…

【環境にやさしい】トチの実・どんぐりの灰汁を使って簡単にできる液体石鹸の作り方

秋になったら、いたるところに落ちているどんぐりや西洋トチの木(マロニエ)の実を使って簡単に石鹸を作ることが出来ます。 手作りであることに加えて、他の使用用途がないどんぐりやトチの実*を使っているため、環境にも優しいといえるでしょう。 *ドイ…

ドイツ語化した日本語。ドイツ人が関心を持つ「日本」とは何か?

日本語になったドイツ語は多数あります。 例えばアルバイト(=労働)、カルテ(=カード)、ゲレンデ(=敷地)etc.が挙げられます。 *カッコ内はドイツ語での意味 あまり紹介されることはありませんが、それとは反対にドイツ語の語彙になった日本語もあり…

ドイツ人とのたまごっちの話しが噛み合わないと思ったら・・・

ひょんなことから、あるドイツ人と「たまごっち」の話しになりました。 でも何か会話が噛み合わないところがあったので、その会話をちょっと紹介します。

ドイツの運転免許証への切り換えを勧める3つの理由

日本の運転免許証は更新があって、何年かに一度更新手続きをするのが面倒です。更新手続きの案内が来ても、忘れてしまうこともあったり不安です。 特に海外在住者であれば、基本的には更新のたびに日本に帰国する必要があります。うまく他の予定が重なれば良…

ドイツの公共交通機関が使えない3つの理由

ドイツに住んでいますが、私は公共交通機関*1をなるべく使わずに過ごそうとしています。 その結果、徒歩で街の中心に行ける場所かつスーパーが近場にある場所に住む場所を限定し、街へは徒歩で向かい、それ以外の場所には車で移動しています。 こうした生活…

バイリンガル/帰国子女として子どもを育てることの3つの難しさ

日本語だけの環境で育った場合、バイリンガルやトリリンガルで育った人を見ると羨ましく感じます。私も昔はそう思っていました。 特に英語や中国語のような、「使える」言葉を第2母国語として持つ場合はますますそう思ってしまうでしょう。 しかし、多言語環…

日本における「外国人」ボーナスは人種差別に当たるのか?

日本には「外国人」ボーナスがあります。 この「外国人」ボーナスというのは、ヨーロッパ系の顔立ちというだけで、親切に話しかけられたり、特別なサービスを受けたりというものです。妻と一緒に日本を旅行するとこれは嫌というほど感じられます。 ただ、も…

ドイツ人に喜ばれるお土産、嫌われるお土産の共通点

外国人に日本からのお土産をあげようとするときに、どんな物を買ったらいいのでしょうか。この問題で悩む人もいるかと思います。 異文化の人に何か物をあげる場合、どんなもので喜ぶのかさっぱりわからないことも多々あります。ただ、当たり前のことですが外…

飼いたくないけどネコと遊びたい?じゃあネコを預かろう

猫を飼うのは大変です。ネコが好きだったとしても実際に飼ってみると、経済的な負担から、掃除や遊びの相手といった肉体的負担、夜の徘徊によって寝不足になる危険まで、日常生活がさまざまな面で制約されてしまいます。 では猫と遊びたいけど、猫を飼いたく…

寿司とSASUKEが海外展開に成功した理由とは?ハブとしての「アメリカ」

ついに2016年からドイツでも、日本のサスケが『Ninja Warrior Germany(ニンジャ・ウォーリアー・ジャーマニー)』としてテレビ放送されるようになりました。これまでアメリカ版の『Ninja Warrior』がドイツでそのまま放送されることはありましたが、今回か…

「日本すごい」なんて嘘!?ドイツ人がイラッとする日本人のしぐさ

日本人と日頃一緒に仕事をする機会が多いというドイツ人の方に、ドイツ人にとって嫌に感じる日本人の振る舞いを聞いてみました。聞いていて耳が痛い話も多く、こうした批判は真摯に受け止めた方が海外における日系企業のマネジメント改善のためにも有益では…

【まとめ】ドイツ暮らしで感じるツッコみたくなるような日常話

海外在住の日本人なら一度は体験したようなことから、私がツッコミたいと思う典型的な海外での出来事まで、イラッと来るというようなエピソードをまとめてみました。ほとんどが普通のドイツ人が日本に対して抱くステレオタイプや誤解からくるものです。

【一般化の作法】「日本人は○○だ」vs.「私は私」の妥協点はどこにあるのか

日本(人・文化)を一般化してしまう発言は、一見誰にでもできるように見えて、多くの問題が隠れています。というのも、安易になされる一般化発言に対しては、「いや、一人ひとりは個性をもった人間だから、個々人を見るべきだ」という反論がすぐに生まれて…

海外在住日本人の「出羽の守」発言が心に響かない決定的な理由

「〇〇(国名)ではこうなってる、(だから日本もこうすべき)」という人を「~では」を多言するという意味で「出羽の守」と言います。 海外に住んでいる人の言動として、「~ではこうで、日本は違うからだめなんだ」と上から目線になってしまうことは多々見…

イギリスEU離脱派が支持を得た2つの構造的原因

6月23日の国民投票でイギリス国民の投票者の内、多数派はヨーロッパ連合離脱を選択しました。その原因についてこれまで様々な説明がなされています。確かに投票行動に差があることは確かですが、EUという政治共同体がもつ構造的な原因についてはあまり言及さ…

ドイツのトルコ人移民家族が抱える3つの悲劇

経済的な理由であれ、政治的な理由であれ、已むに已まれぬ理由から経済的により豊かな地域へ移住した場合、子供にとって悲劇的な状況が発生することがあります。 ドイツに外国人労働者として来たトルコ人家族の例で説明すると、例えば両親が40歳前後、子供が…

マニュアル車好きのドイツ人がオートマ車を好み始めた理由とは?

ドイツではマニュアル車の割合が多いです。私もペーパードライバーでしたが急にマニュアル車を乗らざるを得ませんでした。 2014年時点では約75%がマニュアル車となっています。多いと思うかもしれませんが、この数字は近年マニュアル車の割合が減った上での…

ドイツの知日派にオタクが増えてきたのはいつからなのか

海外で日本に関する知識を持っている人の中には、少なからず大学で日本のことを勉強した人がいます。 大学では日本学*という学科がドイツでの知日派層を生んでいます。 *日本学とは日本に関して学術分野を横断的に研究する地域研究。日本語、日本史、日本…

欧米人が日本語を難しいと感じる理由とは-日本語歴10年超のドイツ人に聞きました

日本語勉強歴10年以上で日本滞在歴2年以上のドイツ人女性に、外国語として日本語を勉強するときに何が難しいと感じられるのかについて聞いてみました。 外国人と一言にいっても、どのような文化的背景を元々持っているのかによって日本語学習の難易度は異な…

ドイツ人と日本人の決定的な違いとは?

日本ではいたるところで、ランキングや他人の評価を全面に押し出した広告を見ます。 「これが今一番売れています」というポップアップがドラッグストアの商品棚を派手に飾っていたり、食べログのランキング・評価がレストラン選びで重宝され、「全米○○○万人…

「神の国」日本と「人の国」ドイツ、住み易い国はどちらか?

日本とドイツ、どちらのほうが暮らしやすいのか、よく聞かれることがあります。 そのたびに答えに窮してしまいます。というのも、自分が大事にする価値が何なのかによって答えは変わってくるからです。

【卒業生が語る】東大に入って感じたメリットとデメリット

東大に入ることのメリット・デメリットとはいったい何でしょうか。東大に入れば一体具体的にどの点でその人にとって有利になり、あるいはどのような負の影響をその人に与えるのでしょうか。 卒業生として私が感じたり、周りから聞いたことを基に整理してみま…

ドイツ人とのコミュニケーションで感じる地理感覚の差

ドイツ在住の日本人がドイツ人から質問されて答えに窮するものがあります。 それは、 「東京と大阪ってどれくらい離れてるの?」 といった地理に関する質問です。 このような地理系の質問にはいろんなバリエーションがあり、 日本列島の長さに関する場合 皇…

入社式に見る、日本型ダイバーシティが行き詰まる理由

毎年4月には入社式で新入社員が抱負を宣言する姿が見られます。 会社に入るのに何故、宣誓というような儀礼を集団で行わなくてはならないのでしょうか?この儀式の中に、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」的な、思考を停止させた集団主義を感じてしまいま…

生活のクオリティとは「便利さ」か「美しさ」か―電柱の地中化について

なぜ日本の空は電柱や電線で覆われているのでしょうか。 このコンクリートの柱が子供のころから嫌いでした。醜いの一言。空を見上げても、空が電線で縛られているように見えました。最近、ドイツ人に言われた一言で、この子供の頃からの印象が甦ってきました…

見慣れないアフリカ系男性を警察に通報したのは人種差別なのか

ある日、ベランダから何気なしに道路を見ていると、この住宅街では見慣れないアフリカ系(サハラ以南をここでは指す)の男が二人歩いていました。 しばらく目的もなく眺めていると、その二人は駐車場にあった、高級感の漂うBMWに近づいていき、車の両側に分…

カタカナ語の「乱用」は何が問題なのか

何でもかんでも英語をカタカナにした用語を使うことを言葉の乱れとして嘆く人がいます。私も日本語で話すときは出来る限り、欧米語由来のカタカナ語を使わないようにしています。 ただ、日本語自体も多くの漢語を含んでおり、外来語として認識していないだけ…

【クールジャパン戦略再考】普通の50代ドイツ人女性が見た日本

知り合いのドイツ人(女性、50代)が初めて日本に旅行したので、彼女に日本のイメージや旅行での体験についてインタビューを行いました。彼女は別に日本語を勉強しているわけでも、日本に関する特別な知識もないため、同じ年齢層の一般的ドイツ人をある程度…

【実体験】ドイツ学生寮での、思い出すだけで怒りがこみ上げてくる不快な話

ドイツの学生寮にいたときに、学生が豚のように扱われているんだなということを身をもって体験しました。

NHK海外放送があまり見られていない理由と改善策

NHK World TVという海外向けのNHK放送があります。 英語でNHKが作成したニュースやドキュメンタリーなどが無料で放送されています。 ただ、この英語というのが問題点で、NHK海外向けの放送が誰をターゲットとして放送しているのかが不明瞭で、そもそもどれだ…

【卒業生による東大批判】「辺境」大学に適したグローバル戦略とは

東京大学が勘違いした戦略方針をとっています。 秋入学を導入して留学や社会経験を集めることを重視したり、大学ランキングを上げることを考えたり、はたまたハーバードやオクスブリッジに並ぶことを考えたり。最近では、推薦入試を導入し、高校卒業までの留…

国際結婚の離婚率が高い本当の理由とは?

海外との往来が増えた結果、最近は国際結婚も昔に比べて増えているようです。しかし、国籍が異なる場合の離婚率は約45%となっており、日本人同士の離婚率である約35%を統計上10ポイントも上回っています(2007年)。*1 このように離婚率が高止まりしている…

【海外報道との比較から】外来種に関する報道が秘める政治的問題性

日本ではニュースや一般向けドキュメンタリー番組で、植物や動物に関して、以下のような二項対立の報道のされかたを見ることがよくあります。 外来種=生存力が強く、侵略的、そのため駆逐するべき悪 Versus在来種=新しい環境に適応できず、外来種に駆逐さ…

ドイツ難民問題とローマ帝国の崩壊は比較可能?

現在ヨーロッパに多くの難民が押し寄せている状況はいくらかの人にとって、ゲルマン系諸民族の大移動とそれによる西ローマ帝国の崩壊を思い起こさせているようです。しかしそこでは、そもそも古代ローマ史とドイツの難民問題は比較可能なのかあまり検討され…

道路で遊ぶ難民の子供、公園で遊ぶドイツ人の子供

ドイツで難民問題が盛んにメディアを賑わせるようになって以来、家の前の道を難民と思われる若い男性や子供が歩いているのを見かけるようになりました。たまに難民の子供たちが前の道路*で自転車に乗ったりして遊んでいる光景もそれ以来見られるようになり…

ドイツ人の考えるケルン集団犯罪の原因とその問題点

*2016/2/16更新 大晦日でのケルンでの集団犯罪を受けて難民問題が大きく議論されていますが、この犯罪を受けて議論されている対策には大きな偏りがあり、いくつかの課題を含んでいます。扱いを誤まると、極右への支持が急速に広がる可能性も秘めています。 …

【まとめ】これを読めばドイツ難民問題がわかる!

ドイツでの難民流入は2015年以降、政治問題になるほど社会的影響が大きくなっています。 そのためドイツで暮らしていると否が応でも日々、難民に関する報道を耳にしたり、実際に難民の人を見かけたりします。そうした経験を踏まえて、本サイトではこの問題を…

【実体験】ドイツの例から考える地方再生に潜む重大な問題点

日本でも地方分権が長い間叫ばれ、東京一極集中が批判され、大阪副首都論が唱えられています。政治的なレベルでもそうですが、経済活動の分散も地方 再生という掛け声に含まれています。しかし、それが実現されたとき、普通の市民の生活はどのようになるのか…

ドイツ難民政策がブレている原因を探る

ドイツではケルンを中心とした、窃盗も兼ねた女性への性犯罪がドイツ政府のとる難民政策へ濃い影を落としています。しかしながら、ドイツでは難民政策を今後どのようにしていくべきかについて噛み合っていない議論がなされています。このように難民問題への…