読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

大学で近代日独軍事史を研究する伊藤智央のエッセイ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います。

【体験談】塾なし&公立高校&現役で東大に合格する勉強法―独学のすすめ

仕事術 仕事術-効率化

私は中学も高校も普通の公立学校で、塾に一回も行くことなく現役で東大文科一類(法学部と考えてもらっていいでしょう)に受かりました。高校は一貫校ではなく、それまで受験は高校受験しかしたことがありませんでした。

ところが、大学に入ってみると周りに公立高かつ塾なしで受かった人はあまり見当たりませんでした。

私の家は裕福ではありません。むしろ両親には失礼ですが、中流下層ぐらいだったと思います。塾に行かなかったのはそうした事情もありましたが、自分のペースで勉強したいという希望もありました。

ではそんな私がどうやってお金をかけずに受験勉強をして東大(文科一類)に受かったかをお話します。

*ちなみに、私は大手塾の東大全国模試で、東大文一志望者の中で一桁の順位をとっています。塾には行っていませんが、3回だけ大手塾の全国模試を受けたことがあります

東大生と安田講堂(卒業式にて)

モチベーション

一番重要だったのはモチベーションでした。
今勉強すれば、知的な発展が、時間ともに利子となって雪だるま式になっていくと思っていました。
若いときほど、同じ一時間勉強するということの効果が出やすいと考えました。
ある意味、RRPでの経験値集めのようなゲーム感覚があったと思います。ゲームを小学校でやめたのも画面の中ではなく、現実の「レベル」をあげたほうがいいと考えたからです。

仮説構築と検証プロセスの重要性

このモチベーションに支えられて東大が目標になるのは私にとって必然でした。
東大を考え始めたのは確か中一のころだったと思います。
ではどうしたら東大にうかれるのかと自分で考えました。

まずは、試験でいい点数をとるためにはそもそも何がキードライバーなのかを無意識に考え、その自分なりの回答を早い段階で見つけました。
キーとなるポイントはそれほど多くないものです。

私にとってキードライバーは勉強「量」でした。

上で書いた経験「値」という言葉が示唆しているように、それ以降、私は勉強の絶対量、つまり勉強時間に成績が比例するのではないかという仮説に基づいて行動するようになりました。

そして定期的な校内テストの成績によってこの仮説がある程度正しいことの確証をえながら、その仮説をもって大学受験までいきました。

私の場合は経済的な理由から選択肢には上りませんでしたが、今から考えると質、つまり質のいい塾や家庭教師をつけることも選択肢としてあったのかもしれません。

ただ、間違った仮説であれ、それを常に検証、修正していくことでより効果的な仮説、しかも自分で苦労して得た仮説を得ることができると思います。
重要なことはこの検証プロセスを自分でまわすということであって、仮説の内容ではありません。自分にあった勉強計画は人それぞれなので、他の人が成功した方法を使えば自分もうまくいくとは限りません。

長期的な受験勉強計画

そしてこの仮説に基づいて自分で勉強計画をたて、複数年にわたって何をいつまでにやるのかを紙に書いて計画していました。

まずは、目標値としてどの程度の問題が解ければ東大にうかるのかということを大体でいいので、過去問などを元に最初に確認しました。
その後、そのためにはどの参考書をどの順序でいつまでに解いていけばいいのかを逆算しました。当時はネットも普及していなかったので、大きな本屋でひたすら立ち読みして、参考書を吟味して、自分に合ったものを徹底的に調べました。塾なしで勉強するには、この参考書選びが肝になります。

私の例だと、参考書は一冊は網羅的な辞書を買っていました。これらを手元においておくと、わからないことがあったときにいつでも調べることができます。以下でいくつかの科目ごとに紹介しておきます。

世界史

教科書以上に詳しい話が載っているので、細部まで読み込みました。使い方は、まずは授業の復習に使って、授業で出てこなかったが興味深いもしくは試験に出そうな話は授業用ノートに書き込んでいきました。

また問題を解き終わった後に、関連する話があるかどうか調べるときにも使っていました。他にも、理数系の勉強に飽きた時に気分転換にもなりました。

日本史

上の世界史バージョンと同じ使い方でした。

数学

掲載されている問題が、同時にある事柄の解説にもなっているので、わからない/忘れたことがあったときに繰り返して読み直す、辞書的な使い方をしていました。

いわゆる黒大数シリーズです。

難しすぎますが、雑誌のほうの「大学への数学」もおすすめです。解けなくても、解こうとする努力が重要です。文系の場合でも、解答を見てるだけで「なるほど、そんな考えがあったんだ」と頭のトレーニングになります。

参考書の話から元の話に戻ります。

そして一旦計画を立てると、それに沿って勉強しました。寝る、トイレ、食事以外の時間から逆算してそれ以外の時間はすべて勉強していました。
(ただそれが良い少年時代であったかどうかは今となっては疑問です)

一度、一日に何時間勉強できるのか興味をもって挑戦したことがありました。確か20時間ぐらい一日に勉強できたと思います。
毎日の平均勉強時間は学校の時間を除いて8時間ほどだったと思います。高校時代は年間で一日オフにしたのは7-8日以内でした。
試験の日と特別な日以外は毎日、月月火水木金金でした。
今から考えると、休憩を小刻みにはさんで息抜きをしたほうが、効率を上げれたと思います。

もちろんこの計画も不定期ながらも修正を適宜加えていきました。
例えばどの学年で普通は勉強する内容をいつまでに終わらせて、そこから難問を中心に解いていくことで、知識の広さから深さへと重心を移していくかということです。

何のために勉強するのか?

もう一度整理すると

高いモチベーション
  ↓
仮説探し(成績に決定的に連動する要素探し)
  ↓
勉強計画作成
  ↓
場合によっては仮説修正
  ↓
計画修正

という流れを作り上げれたことが東大現役入学につながったのではないかと思います。
中学時代から徐々にこの流れで自分なりの勉強方法を確立していきました。

ここで一番重要なのはモチベーションです。
どうやってモチベーションを作り出すか。これは人それぞれとは思います。ただ私の経験から、人から言われてするのは楽しくないので、外からの明らかな干渉はマイナス要因だといえます。
むしろ自発的にモチベーションを持ってもらうにはどういった環境が必要かということに考えをめぐらせたほうがいいでしょう。
勉強の理由付けを自分で見つけてもらうということです。

モチベーションさえあれば、上のサイクルを自分でまわして、勉強の仕方をいろいろ工夫し、自分なりの勉強計画をたてていくものです。

ただこれは一つの事例です。他にも様々な道があるとは思いますが、これが経済的には極めて安上がりな道だったのではないかと思います。

補足:東大生の親の年収

東大生の親の世帯年収は950万以上が半分以上なので、東大に入るのに多くのお金を使っている人が多いのでしょう。もしくは、収入の多い家庭は両親の知的レベルも高いために子供も頭がいいのかもしれません。

参照:東大生の親の年収 950万円以上が51.8% 教育格差は中学受験から始まる?〈AERA〉

いずれにせよ、入学後の印象は、中流上より上の家庭出身者が世間一般よりも多かったと覚えています。入学式にフェラーリで来た人がいるという噂も耳にしたこともありました。もちろん普通の家庭出身の人もいましたが。

ただ、東大に入るのにお金がかかるのは一般的傾向であって、私の例のようにお金が絶対的に必須というわけではありません。工夫次第では、塾に行かずともうまく勉強できます。

関連する記事