読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

大学で近代日独軍事史を研究する伊藤智央のエッセイ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います。

【卒業者が語る】東大法学部「首席」卒業が嘘な理由

日本 日本-政治・経済・文化

東大法学部「首席」卒業という言葉をメディアでよく聞くことがあります。

例えば、テレビでの弁護士の(自己)紹介の際において「首席」が宣伝として使われます。しかし「一番で卒業」とは、具体的にどういうことを意味しているのでしょうか?

私が卒業したときには、「首席」という言葉は聞いたことがありませんでした。

東大本郷(卒業式にて)

東大法学部では「首席」は発表されない

存在しない「首席」

私の経験からいうと、そもそも成績の順番がいくらかは発表されていなかったはずです。

確かに「優」(=A)もしくは「優上」(=A+)が何パーセントかあれば、卒業式で表彰はされます。しかし、それでも卒業式で誰が一番かは発表されません。成績優秀者の発表はカテゴリー別におこなわれるために、まとめて卒業式で表彰されるだけです。

では法学部において成績の最優秀者がわからないとすれば、どうやって「首席」が決まるのでしょうか。

学部総代=首席?

確かに一般には「卒業式の学部総代=首席」とされます。

しかし、その「総代」になるための基準はあいまいで、はっきりしていません。さらに選考課程が曖昧なことに加えて、「総代=首席?」のみ発表され、2番や3番は決まりません。そのため、「首席」という言葉が示唆するようなランキングは存在していないと言えます。

そのため、

  • 順位づけの基準があいまい
  • 1人しか選出されない

ような「総代」になったという事実をもって、順位を示唆するような「首席」という表現を用いるのは滑稽でしょう。首席は存在しておらずあくまで答辞を読む代表がいるだけです。

ですので、メディアで東大「首席」卒業と聞くと何をもって首席卒業と言っているのか不思議で仕方ありません。

法学部における優秀者表彰式

「首席」と学問を学ぶことの矛盾

しかし、大学での試験で優秀な成績を収めたことを、卒業してからも主張し続けることに一体何の意味があるのでしょうか?

大学は学校ではないため、すべての科目で「優」をとったとしても、それは褒められるべきことではありません。そもそも他人が決めた基準でいい成績をとるのではなく、その基準自体を疑うことが特に人文科学を大学で勉強する意義だと思っています。

「お勉強」ではなく、「学問」とはそういうものでしょう。

そのため、「首席」という言葉をマーケティングのために使っているとしても、自分のことを「首席」とか言っている人は大学で何を勉強したのだろうかと疑ってしまいます。

所詮は、いい成績をとって、いい会社に入ったり、世間が憧れる職業につく、という周りの期待に答えるのに精いっぱいで、学問とは何か、なぜ大学に来ているのかということを深く考えたことがないのかもしれません。

三四郎池(三四郎池にて)

私は「首席」ではありませんが、この「首席」への疑問視は別にひがみでも何でもありません。

学問とは何かを考えたときに、学問とは、試験で優秀な点数をとることではないからです。

自分の頭で考え、教授の言ったことすら疑う
そしてただ疑うのではなく、それを自分で調べて、論理的な道筋でもって自分なりの考えを持つ

知へのその態度を身に着けることが大学の人文科学で求められているのではないでしょうか。「首席」という中身のない看板を下ろして、中身で勝負してほしいものです。

東大に関連する記事