元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

ドイツの大学で歴史を研究する伊藤智央のブログ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います

【実体験】海外移住・長期留学を準備する前に知っておくべき海外生活の実態

さて、海外で1年以上住む上で最も大切なことは何だと思いますか?

それは、当たり前に聞こえますがまずは言語の修得です。ドイツに来た難民が社会へ溶け込むためのキーファクターとして、政治家が言葉の習得を挙げていることは間違っていません。

しかし、言語が唯一の障害というわけではありません

海外で生活するようになると、日本では考えられないような精神的ストレスを感じてしまいます。ここでは実体験に基づいて、海外生活における心の状態をいくつかのフェーズに分けて説明していきたいと思います。

それによって、海外生活のストレスというものがわかるかと思います。

海外生活は思っている以上に心への負担が大きい

言語の習得よりも重要なものとは?

言語の習得は確かに努力で何とかなります。

ところで、海外で生きて行く上で覚悟しておかなければならない、より重要な事柄があります。それは、言語の面だけを見ていては見逃してしまうようなものです。

つまりそれは、全く新しい環境との精神的な葛藤です。

見落とされやすい精神的ストレス

海外では、日本で簡単にできたことが急にできなくなります。

自分の言いたいことをうまく説明できなかったり、社会生活においてもわからないことが多かったりと、戸惑うことが機会が多くあります。ときには行動の自由を奪われたような気分にもなります。

また、嫌な顔で対応されたりすると、理不尽さを感じて腹立ちます。そのたびに少しずつプライドが傷ついていきます

このように個人の自由や尊厳が傷ついてしまうように感じてしまう*1ことで、不慣れな環境に対して、生理的な拒絶反応を示すこともあります。もともとはその国が好きで移住・留学したにもかかわらずです。

海外社会の中で働いて、日本(語・人)とは関係のない環境で現地人と対等に渡り合っていこうとする中で「現地」との不安定な関係が生じてきますが、このような心の状態は一般的に次のようなフェーズをたどるのではないでしょうか。

1. 感激フェーズ

海外の新しいことに興味があり、何でも知りたいと思ってその国が好きになるフェーズ

この時期はたいてい、海外社会の中で本当に揉まれた経験をまだしていません。

観光を通して現地社会を表面的に観察したり、日本好きな現地人との接触がメインとなるため、現地社会のマイナス面を見ることはあっても自らが直接さらされることはありません。

現地語の習得レベルからしても話しただけで、明らかに外国人と認識されるため、現地人からお客さん扱いをうけて、まともに嫌な思いをすることも少ない/もしくはこれから現地語がうまくなれば問題なくなると考えます。

楽観的で希望に満ちたフェーズとも言えます。

2. うつフェーズ

最初の壁にぶつかり、へこたれる時期

私の場合それは、大学での授業でした。

まわりはドイツ人だらけで外国人ゼロ、日本のことに興味も無し、そのため向こうから自分に接触してくれる人はほとんどなし、言葉も上級レベル*2でも太刀打ちできないほど方言や個人個人の話し方の癖が入っていて、ノートもろくにとれない日々。

「日本だったらこうじゃないのに」という思いでいっぱいでした。

自意識だけは大人なのに、赤ちゃん並に何もできないという現実とのギャップに苛まれます。この時期の体験談については、以下の記事で詳しく書いておりますので、ご参考下さい。

これ以降は、「好きだけど嫌い」というアンビバレントな現地社会とのお付き合いが続きます。

3. 同化フェーズ

最初の壁を乗り越えて自信をつけ、「現地社会に同化してやろう」という意気込みが溢れてくるフェーズ

困難はありつつも、生活がルーチンになっていって、頑張れば何でもできるという自信がついてきます。一方で、日本語もあまり使わないので、日本語能力も低下してきます。

頭の中の言語がどちらかというと現地語がメインになってくるのと平行して、関心自体も日本よりも主に現地の情勢に向けられます。

社会生活をこなすのに必死で、日本よりは現地の事情への関心が優先されます。

4. 絶望フェーズ

同化には限界があるということに気付き、アイデンティティ・クライシスに再度陥るフェーズ

いくら頑張っても、現地語母語者には勝てないということに気付いて、現地人にもなりきれないし、日本人的な考えからも外れていく自分を、否定的な意味で中途半端と捉えるようになります。

現地語学習暦5年だとすると、「自分は5歳の現地人と同じくらいでしかないんだ」と自分の不甲斐なさを意識します。

私はこのとき、人間の能力には、努力では崩せない限界の壁があるのだということに気付きました。

5. 安定フェーズ

すべての点で同化する必要もなく、日本人であることをうまく利用して生きていこうと考えられるようになり、精神の安定を取り戻すフェーズ

現地化している自分とともに、現地人化せず/できずに日本人のままである自分を受け入れて、それを活かそうと考えます。

母語と同レベルで現地語を話すということの不可能さを受け入れ、それを踏まえて自分には何が出来るのかと前向きに考えることが出来るようになります。

海外で生活することは想像以上にストレスがかかる

以上は、私の経験や見聞きした話をもとにまとめたものです。

ドイツの事例を念頭において書いておりますが、海外移住・留学に関して一般的にあてはまることと思います。

ポジティブな第1フェーズが、第2フェーズでネガティブな気分に下振れし、その後はその振り子の上下運動を繰り返しながら、第5フェーズでようやく振れも少なくなって収斂していくというイメージです。

ちなみに私の場合、第5フェーズまでは4-5年はかかりました。それまでにストレス性の病気も数々体験しました。*3

「日本」というものに理解のない環境の中で成果を出さないといけないというプレッシャーがある、かつ神経質な人は、共感のできることも多いのではないでしょうか。

こういった実態を知り、心の準備を整えてから移住や長期留学という決断を下したほうが、後になって「こうじゃなかった」と悔やむことが少ないのではないでしょう。もちろん、準備にも限界がありますが、移住は簡単ではなく、人生の大きな決断なので出来る限りのことは日本にいるうちにしておくことが賢明でしょう。

例えば、いきなり移住するというのではなく、とりあえず3ヶ月間だけ行ってみて、気に入れば改めてまた3ヶ月間行き、本当に移住が大丈夫だと確信が持ててから決心しても遅くないと考えます。

海外生活に関連する記事

*1:あくまで主観的なレベルでの話で、実際に自由や尊厳が傷つけられると主張しているわけではないです

*2:留学前にZOP(C2相当)に合格していました

*3:但し、環境や性格によってもこのようなフェーズは変わってくるとは思います