読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

大学で近代日独軍事史を研究する伊藤智央のエッセイ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います。

【上級者が語る】ドイツ語電子辞書の選び方と賢い利用法

語学 語学-ドイツ語

私は二年でゼロから大学入学レベル(上級レベル)までドイツ語レベルまで上げました。

その際のカギとなったのはドイツ語辞書の選び方と上手な使い方です。ドイツ語辞書次第で、ドイツ語学習の効率性は格段に変わってきます。

ここでは私の体験をもとに、日本にいながらどのようにすれば最速でドイツ語を修得できるようになれるかをお教えします。

*ここで紹介している辞書選びの方法と勉強の仕方は、他のヨーロッパ系第三外国語の場合にも当てはまります。他の言語学習者の方は「ドイツ」をそれぞれの外国語名に置き換えて読んでください

ドイツ語をどうやって勉強すればよいのか

到達可能な学習速度

私のドイツ語力の変遷は以下の通りとなっています。

学習開始時からの経過期間(単位:年)

出来事

1 ドイツ語を本で独学
1,5 ゲーテインスティトゥートへ通う
1,5 ZMP*合格
2 ZOP*合格
3 ドイツの大学院へ入学
6 ドイツで修士号取得

*ZOP(上級試験)合格とは語学で到達できる最高レベルの資格で、文系だとこれはドイツ大学入学の資格になります。理系だとZMP(中級試験)が入学資格です。*1

このZOPに到達するまでに2年ほどしかかからなかったことが示しているように、私は非常に短期間でドイツ語を修得できましたが、その裏にはある方法がありました。

方法:単語の反復練習

私のしたことはひたすら単語を覚える、これだけです。

その日新しく話したり、聞いたり、読んだりした単語を夜と朝にひたすら不要となった紙に殴り書きしました。

ひたすら書いていると、ボールペンの減りによってどれだけ自分が勉強したのかがわかるので、ボールペンのインクが少なくなっていくのを見るのが快感になります。

ベストな練習道具:電子辞書の履歴機能

この単語の反復練習のために今もなお使っているのは電子辞書の履歴機能です。

ここには最近調べた単語がすべて載っているので、この単語を何度も書いて覚えました。覚えていない単語は、そのたびにクリックして意味を確認するため、常に上位に表示されていきます。

そうすると、覚えている単語は下に埋もれていき、覚えていない単語が上に来るため効率的に単語を勉強できます。この履歴で表示される単語を毎日上からチェックしていくことになります。

書いて覚えるのは、小中学校で漢字を反復して書いた要領です。

辞書としては辞書アプリもありますが、この履歴機能の使いやすさのために私はやはり電子辞書をお勧めします。もちろんアプリにも履歴がありますが、反復練習をするためには、電子辞書に比べると使いにくいです。

おススメの電子辞書

そこでお勧めなのがカシオのドイツ語モデルシリーズです。以下の機種が最新モデルとなります。

ただ、最新モデルであろうとそれより1年前のモデルであろうと中に入っている辞書は全く同じです。ですので私としては、少しでも安い、型落ちした下のモデルをおすすめします。

私自身当時、一年分型落ちした電子辞書を買いました。私の使っている辞書は同じシリーズのXD-GW7150という古いモデルです。

もう10年たっていますがいまだに現役です。正規品のカバーを使っているため、本体自体は今も傷一つなく輝いています。長く使っていきたい人にとって、1年ぐらいのモデル年数の差は全く重要ではないでしょう。

激戦を潜り抜けた電子辞書

すでにカシオのエクスワード電子辞書を持っている場合は、ドイツ語コンテンツのカードを差し込むだけで、以下で詳しく述べている大独和辞典と独独辞典が追加できます。

圧倒的に便利な独和大辞典

このカシオの電子辞書には独和大辞典が入っています。

この独和大辞典は独和の中で収録単語の量が一番豊富です。下表のように掲載単語数を比べてみると独和大辞典の圧倒的な利便性は明白です。

辞書名
イメージ
単語数
独和大辞典

独和大辞典

16万語
クラウン独和辞典

クラウン独和辞典 第5版 CD付き

約6万語
アクセス独和辞典

アクセス独和辞典 第3版

約7万語

ちなみに、スマホのアプリと比べると収録単語の量においてこれらの辞書のほうが有利です。

こうした単語量の豊富さに加え、電子辞書なので紙版の場合のように重すぎることもありませんので、携帯性も兼ね備えています

つまり、かつてはコンパクトな辞書が持っていた利点である持ち運びやすさも兼ね備えているということです。昔は紙の辞書が一般的だったため、持ち運ぶことを考えるとコンパクトな辞典を使う意味もありましたが、電子辞書がある現在は収録語数を敢えて落とす必要はありません

収録単語数と電子辞書ゆえの携帯性から、このカシオの電子辞書はいいとこどりの勉強道具です。将来にもわたってドイツ語を勉強したいと考えている人は始めから独和大辞典を使いましょう

上級者になっても使い続ける独独辞典

加えてカシオの電子辞書には独独辞典DUDENも入っています。

これは語学学習の初期の段階で使うことはなくても、学習が進むにつれて使うようになってきます。つまり、上級者になっても辞書を買い替える必要がないということです。

個人的エピソード:「耳なし芳一」?

要は頻繁に単語が目に入ればいいと思います。ですので、私は毎日の反復練習に加えて、日々の空き時間を利用するために、手の甲にもびっしりと単語をペンで書いていました。そうすれば電車の数分の待ち時間にも単語を覚えることができます。

ただ、献血に行ったときに手の甲にびっしり横文字が書いてあったのを見られてびっくりされました。何かの呪詛のように見えたのかもしれません。耳なし芳一みたいですね。

和独辞典は使用頻度が低いためネットを活用

紙や電子辞書での和独辞書は単語掲載数が少ないので、私は主にオンラインのものを使っています。(↓)

愛用サイト:Wadoku - Japanisch-Deutsches Wörterbuch - wadoku.de

理由は、

  1. 単語を覚えるために履歴機能を利用しない
  2. 手に入る和独辞典は単語掲載数が充実していない

単語掲載数を代表的な和独辞書と比べてみるとWadoku収録の単語数は頭一つ抜けています。

辞書名
イメージ
単語数
Wadoku

Wadokuオンライン辞書

11,5万語
和独大辞典

和独大辞典

7,3万語
アクセス和独辞典

アクセス和独辞典

5,6万語
郁文堂和独辞典

郁文堂和独辞典

6,3万語

もともと和独は翻訳の参考にする程度にしか使っていないのでちょうどその目的に適っています。Wadokuは和訳のアイデア出しとして使って、それをもとに自分なりにアレンジして和訳します。

スマホ用辞書アプリも補助的に併用

ただ外出先とかで補助的に使用する目的で携帯のアプリも併用して使っています。これについては以下の記事をご参照ください。

辞書の選び方で勉強の効率性は変わる

うまく辞書を使いこなすことで、語学の上達速度は変わってきます。紙を勧める人はいますが、私は断然電子辞書をおすすめします。語学勉強で一番時間をとられ、イライラするのは、単語を調べる作業ではないかとも思っています。

ドイツ関連の記事

*1:ヨーロッパではCommon European Framework of Reference for Languages(CEFR)という基準で言語レベルを測ります。A1-2(初級)、B1-2(中級)、C1-2(上級)となっており、ZMPはB2、ZOPはC2に該当します