読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

大学で近代日独軍事史を研究する伊藤智央のエッセイ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います。

【ヴィースバーデン】砲兵大将ルートヴィヒ・ベックの足跡をたどって

研究 研究-軍事史

ナチス政権下でドイツ参謀総長も勤め、最期はヒトラー暗殺計画の中心人物の一人として処刑された砲兵大将ルートヴィヒ・ベックの両親が住んでいた住居がヴィースバーデンにあります。

このベック別荘と今でも呼ばれている邸宅に、彼の両親は1898年から住んでいました。
ベック自身は1898年にヴィースバーデン内にあるギムナジウムを卒業して、同年にストラスブールに見習士官としての任についていることから、時折休暇で帰る際にこの別荘に立ち寄っていたと思われます。

ベック別荘 Rheingaustraße 138, Wiesbaden

ルートヴィヒ・ベックの両親の家

記念盤 説明板

ベックの父である同名のルートヴィヒ・ベックは、ブンゼンバーナーで有名なブンゼンの下で博士号を取得し、製鉄の分野で講義や著作も発表していたことに加え、自ら製鉄所を経営するなど、製鉄に関しての第一人者でした。経営者でもあったため、裕福な暮らしだったのでしょうね。

現在は普通の住居として使用されており、複数の世帯が入居しているようです。家賃は高めでしょう。こういう100年以上前の建物は外観や内装はいいですが、天井も高くて暖房費がかかるため、経済的に余裕がない住めません。

ワーグナー滞在場所

このベック別荘はライン川沿いの景色のよいところに建てられています。近くには、ワーグナーが『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の序章を1862年に作曲した家があります。

ワーグナー碑

ニュルンベルクのマイスタージンガー作曲の家

ビーブリッヒ城

道をはさんで隣にはビーブリッヒ城もありますので、ベック別荘に来る際にはお城も観光できます。

ビーブリヒ城

ちなみに対岸は別の州となっており、州都マインツです。ライン川沿いは散歩には最高です。

関連する記事