読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

大学で近代日独軍事史を研究する伊藤智央のエッセイ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います。

【完全ガイド】オススメ最新ゾンビ映画/ドラマはこれを見ればわかる!

メディア メディア-テレビ・映画

*2016/09/07更新

ここ数年に見たゾンビ映画・ドラマのうち面白かったものをまとめています。
網羅的に挙げておりますので是非、次に見る映画・ドラマを選ぶ際に参考としてください。

各映画は血の飛び散るグロテスク系、戦慄のホラー系、笑えるコメディー系、事件解決の探偵系のどれかのジャンルに分類しています。

*各映画に点数もつけています。なお、A、B、C、D評価でAを「最高」としています。

**なお本記事は、ゲストであるドイツ人女性に書いてもらってます

あ行

アイ・アム・レジェンド

主演:ウィル・スミス
評価:A
ジャンル:ホラー
コメント:
ニューヨークが荒廃してサファリになっている中を主人公が治療薬を開発するために奮闘する。ゾンビがゾンビ犬を従えているシーンが出てきて、知能をもったゾンビもいる。感情的な起伏もあり、見ていて引き込まれる。

iZombie

主演:ローズ・マクアイヴァー
評価:B
ジャンル:探偵系
コメント:
ゾンビになってもなお理性を保つことのできる主人公リヴ。
監察医として働く一方、被害者の脳を食べることで、その記憶と能力を受け継ぐことができることに気付く。彼女はその能力を利用して刑事のパートナーと協力しながら殺人事件の解決に取り組んでいく。
ゾンビとして自分の変化を観察しようとする主人公の冷静さが、ゾンビドラマとしては異例な落ち着きを与えている。

ウォーキング・デッド

主演:アンドリュー・リンカーン
評価:B
ジャンル:ホラー
コメント:
シーズン1はスリリングで見ていて引き込まれるが、シーズンの数字が上がっていくほど人間同士の抗争が中心となる。それにともない、ゾンビは背景に退いていく。しかし、ゾンビになった子供との絆が断ち切れない様子を描いたり、ある意味タブーを破っている。主人公最強でしょ。やっぱり警官はこうゆうときには戦闘力が高い。

ウォーム・ボディーズ

主演:ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ジョン・マルコヴィッチ
評価:B
ジャンル:コメディー
コメント:
ゾンビと恋愛という新しいジャンルを切り開いた作品。ゾンビを描きながらも心温まる話。

さ行

ショーン・オブ・ザ・デッド

主演:サイモン・ペグ、ニック・フロスト
評価:B
ジャンル:コメディー
コメント:
新スタートレックのスコット役の俳優が演じている。怖いシーンもあるが、どちらかというと冗談が多いので怖さは半減。そのため、ゾンビ映画入門者向け。

ゾンビ革命 −フアン・オブ・ザ・デッド−

評価:A
ジャンル:コメディー
コメント:
キューバでゾンビが急に発生。政府は、アメリカによる陰謀と報道する中、主人公フアンはゾンビ退治ビジネスを始める。共産党支配への皮肉的な笑いも含まれ、アメリカのゾンビ映画とは若干毛色を異にする。コメディ的要素をところどころに含みながらサバイバルゲームが描かれて、バランスが取れている。

ゾンビランド

主演:ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン
評価:A
ジャンル:コメディー
コメント:
ゾンビと化した世界でどうやって生き残れるか、主人公がたてたルールが面白い。ゾンビ映画をいっぱい見た人なら必ず知っているようなルール、例えば、どういう状況でゾンビに噛まれるとか。主人公が馬鹿なことをして、視聴者がイライラするということがないので、ストレスフリーで見られる。アクションもあり楽しめる。

ゾンビーノ

主演:キャリー=アン・モス、ビリー・コノリー
評価:A
ジャンル:コメディー
コメント:
1950年代のようなアメリカが舞台のゾンビ友情物。
ゾンビが人を襲うようになり戦争が勃発。しかし、ゾンビの食欲を抑制する首輪が開発され、ゾンビは安い労働力として各家庭で「飼われる」ようになる。
そんな中主人公の家族も、社会的な体面からゾンビ(ファイドFido*と命名される)を一体分買うことにするが、主人公の少年はファイドと友達になっていく。
そんな中、ファイドの首輪が壊れ隣人の老婆をかみ殺してしまう・・・
平穏な日常生活の中にゾンビらしい要素が入り込み、落ち着きながらも面白く鑑賞できる。
*通常は犬の名前

 

た行

東京ゾンビ

主演:浅野忠信、哀川翔
評価:C
ジャンル:コメディー
コメント:
柔術を極めようとする主人公の二人がゾンビの世界で生き残る話。前半と後半で世界観が若干異なるために2度おいしい。だが、CGの悪さとストーリーのテンポの遅さがネック。評価が分かれる作品ではないでしょうか。

ドーン・オブ・ザ・デッド(リメイク版)

主演:サラ・ポーリー、ヴィング・レイムス、メキ・ファイファー
評価:A
ジャンル:ホラー
コメント:
ゾンビだらけの世界で、ショッピングモールに立てこもった住民たち。食べ物や服の心配はなし。何せそれはショッピングモールだから!ゾンビ化した妊娠妻をかくまい、赤ちゃんが生まれるシーンが強烈。赤ちゃんのゾンビが出てきます。

は行

バイオハザード シリーズ(実写版)

主演:ミラ・ジョヴォヴィッチ
評価:D
ジャンル:ホラー
コメント:
原作のゲームを知っている立場から見ると、残念な映画。ゲームのファンの人はやはりCG版をお勧めする。現実離れしたアクションが気になってしまった。(ゾンビという設定自体が現実離れしている点は別として)

バイオハザード シリーズ(CG版)

主演:CGさん
評価:B
ジャンル:ホラー系
コメント:
ディジェネレーション(第一作目)、ダムネーション(第二作目)両方楽しめる。ゲームをしているような感覚なので、原作が好きな人は是非。

ラ行

ロンドンゾンビ紀行

主演:アラン・フォード、ハリー・トレッダウェイ
評価:C
ジャンル:コメディ
コメント:
広告を見て面白そうと思ってみたが正直退屈だった。確かに老人とゾンビの戦いには面白いものがあったが、広告以上に面白いシーンがなく、手に汗握るような面白さが全体的に欠けている。いい意味でも悪い意味でもB級ゾンビ映画の域を出ていない。

わ行

ワイルド・ゼロ

主演:ギターウルフ!!!
評価:A(但し、B級映画として)
ジャンル:コメディ
コメント:
「愛に国境も男も女も関係ねえー!」このセリフが印象的なB級ゾンビ映画の王道。ロックンロールでゾンビをぶっ飛ばすというコンセプトで貫かれている。ギターウルフもしくはロックンロールファンは必須教養。ゾンビだけでなく同性愛も絡んでくる、オールスター映画。

ワールド・ウォーZ

主演:ブラッド・ピット
評価:B
ジャンル:ホラー
コメント:
楽しめる作品だとは思う。のろのろではなく、全力で走ってくるタイプのゾンビ。特にゾンビが群がって壁を登る景色は新しい演出。

その他

28日後...

主演:キリアン・マーフィ、クリストファー・エクルストン、
評価:A
ジャンル:ホラー
コメント:
今までののろのろと徘徊するゾンビとは違って、この映画のゾンビは全力で走ってきます。むしろこちらのほうが恐ろしい。ある意味、ゾンビ映画の常識を変えた作品。続編『28週後...』もおすすめ。

28週後...

主演:ロバート・カーライル、ジェレミー・レナー
評価:B
ジャンル:ホラー
コメント:
『28日後...』 の続編。こちらもホラーを地でいくいい作品。『28日後...』を見たときのような衝撃的なシーンはないが、『28日後...』の次には是非おすすめの作品。

ウォーキングデッドの人気もあり、最近はゾンビ・ルネサンスとも言える時期なのかもしれません。ゾンビファンとしては、新しいタイプの映画に次々と出てきて欲しいです。

関連する記事