読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

大学で近代日独軍事史を研究する伊藤智央のエッセイ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います。

欧米人が日本語を難しいと感じる理由とは-日本語歴10年超のドイツ人に聞きました

日本 日本-政治・経済・文化 ドイツ ドイツ-生活一般

日本語勉強歴10年以上で日本滞在歴2年以上のドイツ人女性に、外国語として日本語を勉強するときに何が難しいと感じられるのかについて聞いてみました。

外国人と一言にいっても、どのような文化的背景を元々持っているのかによって日本語学習の難易度は異なります。

例えば、漢字文化圏から来た人であれば、漢字はそれほど問題ではないでしょう。漢字の読み、特に訓読みはゼロから学ぶ必要がありますが、漢字の意味自体は大体知っているものだからです。

それに比べて、欧米圏の人にとっては、文字自体が第一の関門になることは想像できます。彼らにとっては何千、何万とある漢字の意味、読み(音読み、訓読み)をゼロから覚えないといけないのですから。

ですので、ここでは欧米人にとっての難しさにテーマを絞って考察してみました。

*属性情報として、彼女が使える言語は、母語が2つ、ビジネスレベルの外国語が2つ(日本語と英語)、日常会話レベルの言語が3つということを挙げておきます。日本語以外はすべてヨーロッパ系言語です。

グリム童話の赤ずきんちゃんが日本語を勉強するとき

-以下、インタビュー内容を基に構成-

日本語には様々なスタイルがあること

日本語には状況に応じて以下のような様々なスタイルがあります。

  1. 話し言葉と書き言葉
  2. 敬語のグラデーション
  3. 男性語と女性語

①話し言葉と書き言葉

一つ目の話し言葉と書き言葉ですが、彼女の日本語クラスの生徒はみな書き言葉が下手だったそうです。書く機会よりもタンデムパートナーや授業といった話す機会のほうが多かったからだそうです。

話すことと書くことを両方とも均等に勉強するというのは難しいように思われます。

ですので、話すのがペラペラであったとしても、きちんとした文章を書いてもらうと違和感のある文章になることもあるそうです。

話し言葉と書き言葉は違う

②敬語のグラデーション

二つ目の敬語の問題とは、状況に応じて様々な敬語の種類が使われるということです。

目上の人と話すときと、対等だが初対面の人と話すときでは同じ敬語でも種類が違ってきます。尊敬語や丁寧語の使用頻度や種類を調整することによって、相手との微妙な関係を表現することが日本語ではできます。出来るというよりもその調整が求められています。人間関係の変化に応じて日本語を使い分けていくことが難しいようです。

確かにドイツ語でも人間関係に応じて話し方は変えますが、日本語ほど細かい分類はありません。

③男性語と女性語

三つ目の性別と言葉ですが、よく見かけるパターンは、ドイツ人男性が日本人女性と付き合っていると彼の日本語が女性っぽいものになることです。

彼にとって一番よく耳にする日本語は自分の恋人が話す日本語なので、その彼女の話し方に影響を受けるのはどうしても仕方のないことではありますが。

漢字の読み方が複数あること

漢字には訓読みと音読みがあり、加えて、訓読みや音読みにも複数通りのパターンがあります。それらを全部暗記することは大変だったそうです。

一つの漢字を勉強するにしても何通りもの読み方を覚えないといけないというのは時間がかかります。

例えば、1000個漢字を覚えたといっても、そのためには漢字の意味だけではなく3000-4000通りもの読み方という情報も一緒に覚えていないといけないということです。

一つの漢字でも沢山の読み方がある例

漢字知識というアドバンテージをもった中国人留学生の学習のスピードがあまりにも速く、自分の方が勉強歴が長いのにすぐに追い越されてしまったという悔しい経験を彼女はしているそうです。

ヨーロッパ言語とつながりがないために手がかりがないこと

ドイツ人にとって、イタリア語やスペイン語と違って日本語はドイツ語から全く推測できません。

ラテン系であろうとゲルマン系であろうとスラブ系であろと、ヨーロッパ系の言語であれば似ている単語も少なくありません。例えば「銀行」という言葉を見てると、大体において似たような単語の並びと発音です。(下図参照)トルコ語ですら似た発音です。

ヨーロッパ系言語の間では単語が類似している例がある

ヨーロッパの他の言語を外国語として考えるヨーロッパ人から見ると、同じ外国語といっても必要な勉強量が異なってきます。日本語はヨーロッパ系言語と比べると、新しい単語を覚えるにしても推測が全く効かないため丸暗記になってしまうからです。

日本人から見ると、外国語というものはそういう大変なものと映っているので全く驚きはありません。ヨーロッパ人がヨーロッパ系言語を複数話せることと、日本人がヨーロッパ系言語を話せることは、それまでに積み重ねてきた努力量が違います。

その点、同じように日本語を勉強し始めた中国人学生がどんどん上達していくのを見るのは彼女にとって不公平にも見えたというのは理解できます。

中国人は日式(?)漢字をある程度知っているので、アドバンテージは大きいでしょう。漢字の音読みもある程度想像がつく範囲でしょうし。

-以上、インタビュー内容を基に編集-

外国語として日本語を勉強せずに済んでよかった(笑)

以上、ドイツ人に聞いてみた日本語の難しさを私の意見も交えてまとめてみました。上記の話しはドイツ人をインタビューした内容ですが、ヨーロッパ人、または欧米人にまである程度は一般化できるのではないでしょうか。

ただこういう話を聞くと、日本語が母語でよかったと思いますね。だって日本語をゼロから勉強とかしたくないから(笑)*

*もちろん言語を扱う仕事をしている以上、日本語への感覚は常に研ぎ澄ましておかなければならないことは自覚していますが、これは外国語として日本語を勉強する大変さを踏まえての発言です

関連する記事