読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

大学で近代日独軍事史を研究する伊藤智央のエッセイ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います。

【決定版】2年で上級レベルになった私が教えるドイツ語勉強法

語学 語学-ドイツ語

ドイツ語を効率的に習得するためには、ただ闇雲に本を読んだり、ポッドキャストを聞いたりしてもダメです。

ドイツ語といった外国語学習のためには、実際に外国語で生活する際にどのような能力が要求されるのかを把握したうえで、それぞれの能力を向上させるための対策を体系的に立てる必要があります。

外国語を操るために必要な3つの能力

外国語習得のために必要な能力とは以下の図のように、基礎力応用力実践力の3つです。

語学力を構成する要素をわかり易く解説

基礎力

基礎力としては文法の理解語彙の多さ発音の正確さが挙げられます。

これらが備わらない限り、次の応用力がまったくつきません。

文法の理解

文法書は基本的にどれもその内容で差がほとんどありません。特に初心者が学ぶ文法に関しては、どの教科書も同じような説明が書いてあります。

但し、全般的に古い本のほうがしっかりしているということが言えます。新しい本はイラストが入ったり、文字が大きく見やすくなっていますが、文字による説明の充実度から判断すると古い本のほうが充実しています。

ですので、新しい本のほうがとっつきやすい印象を与えますが、使い込んでいく上では古い本のほうがおススメです。

私は以下の本を使っていました。1977年の本ですが、文字による説明が充実しており、しっかり読み込めば文法は十分に理解できます。

語彙力

文法が出来ないことにはまったく進みません。しかし、単語をすべて調べていては時間も労力もかかってしまいます。ですので、文法の学習と平行する形で、簡単な単語から少しづつ暗記しましょう。

私が実践していた単語の効率的な勉強法については以下の記事の中で詳しく書いておりますのでこれを参照してください。

発音の正確さ

単語の一つ一つの発音がよくなければ、会話は不可能です。

そのためにはひたすら練習です。特に私がおススメるのはシャドーイングです。

自分で発音してみてうまく舌がまわらなかったり、発音のせいで会話が通じなかったりしたときには、つまづいた単語を後でひたすら繰り返して発音します。独り言のように実際に口を動かしてみることが大切です。

周りから見ると気持ち悪く見えるかもしれませんが、外にいるときは他の人から見てわからないように口の開き方を調整することもできます。

300回くらいその単語を繰り返して練習すれば、ある程度発音がうまくなるでしょう。

よく私が練習していた単語は以下のようなものです。どれもRとLが繰り返して出てくるので、舌が回りにくい単語でした。

  • Loreley
  • Gürtelrose
  • Frau Fleiß(大学の先生の名前)

発音は早い段階で直しておかないと、取り返しのつかないことになります。何十年とドイツにいてもひどい発音をする日本人を何人も見てきました。特にrとlの間違いは致命的です。

応用力(書く・読む・話す・聞く)

次に基礎力を応用して、実際にドイツ語を使ってみます。

書く

書く能力を磨くには、ひたすら作文をし、それを添削してもらうことに限ります。

添削者を見つけるには、大学や語学学校のドイツ語コースの先生やLang-8というサイトをうまく利用しましょう。

読む

小説を読む

初心者の方におススメなのは、日本語の小説を読み、そのドイツ語訳を読むということです。私はこの方法がとっていませんでしたが、知人の中にはこのような方法で上達した人がいます。

村上春樹は比較的ドイツ語にも多く翻訳されていますのでおススメです。

私は専門書以外はあまり読みませんでしたが、唯一読んだドイツ語小説は次に紹介する"Der geteilte Himmel"というものでした。

この小説は中級以上の方におススメですが、感情の叙述が細かなのと、東ドイツの社会主義の状況がよく描かれているので、思わず引き込まれ2回も読んでしまいました。

やっぱり内容が面白くないと読んでても面白くないですよね。

おススメの読み方は、あまり辞書を引かないということです。辞書を引きすぎるとストーリーがそのたびに中断されてしまい小説の面白さが半減します。勢いが途切れてしまっては小説は台無しです。そのため、辞書の使用は最小限の範囲に絞り、わからない単語はそのままで進みましょう

そして読み終わったらそれで終わりではなく、何度も読み直します

それによって、2度目以降は全体のストーリーの流れが頭に入っているので、単語の推測も効きやすくなりますし、一巡目で調べた単語のいくつかはまだ覚えているので調べる必要がありません。そのようにして何巡も反復して読んでいるうちに小説で使われている表現も自然に覚えていきます

教科書で学ぶ

他にも東大が語学の教科書用に出版している以下の書籍も読みやすく、解説も充実しています。

様々なテーマからテキストが選ばれているため、テーマに偏らずにバランスよく様々な表現を知ることができます。

翻訳技術を鍛える(中級向け)

ドイツ語から日本語へ翻訳する技術はドイツ語理解に極めて重要です。

日本語に訳さずにドイツ語を理解することも可能ですが、それは上級以上になってからでも十分行えます。せっかく外国語を勉強するのであれば、その知識を日本語と結びつけることで、日本語への感覚も鋭くし、それによって今度はドイツ語の細かいニュアンスも理解できる機会を逃すのはもったいないです。

ですので、翻訳業を生業にしていなくても、きれいな日本語へと翻訳する技術は、ドイツ語のニュアンスを丁寧に理解する近道でもあります。

そこでこの翻訳技術を高めるために多くの問題集が収録されているのが下の本です。IとIIの二冊があり、日本における大学入試で主題されるドイツ語試験の問題を集めています。ドイツ語の表現を日本語で表す場合に非常に勉強になる本です。また日本語での微妙な表現をドイツ語で表す際にも参考になります。

ドイツ語上達には欠かせない一冊です。

話す

話すために相手が必要です。ではどうやって話相手を探せばよいのか。

最近ではスカイプで話相手を探すこともできますし、お金と時間に余裕があれば語学学校に通うこともできます。昔に比べれば選択肢は増えたので、それほど苦労はないでしょう。

語学学校に通う場合、どのような受講形態がよいのかについては以下の記事で詳しく書いていますのでこちらをご参考下さい。

聞く

聴力を鍛えるためには無料のポッドキャストDeutsche WelleVideo on Demand | DW.COMがおすすめです。Deutsche Welleのほうは映像がついているため、言葉が多少わからなくても理解が進むのでストレスがそれほど溜まりません。内容も、最近の流行やニュース、文化のテーマなど、興味が抱けるように工夫されているものも多いです。

中級以上にはZDF(第二ドイツ放送)のサイトがおススメです。同アーカイブでは多数の番組が蓄積されているので、自分の関心に合った番組が見つかります。

上級者向けには以下の記事で無料ポッドキャストをまとめておりますので、こちらをご参照下さい。

実践力

実践力とは何かと思う人もいるでしょう。

実践力とは、ドイツ人と会話や書面でうまくやりとりしていく能力です。

これは単にドイツ語を勉強しただけではつかない能力で、実践でドイツ人とのやり取りをどれだけこなしてきたのかと言う場数の多さによってのみ身に付く能力です。

具体的には、ドイツ人がよく使う表現を使いまわせるようになったり、会話でわからないときに切り抜ける臨機応変な対応力です。

これによって、自分の言いたいことをうまく自然な形で使えるようになります。後者については以下の記事で詳しく説明しています。

この実践力を身に着けるためには、ドイツ語圏に来てホームステイしたり学校に通う以外に王道はありません。そこでドイツ人が使う表現やジェスチャーを観察し、自分なりのドイツ語スタイルを磨いていく必要があります。

辞書は語学勉強の大切な伴侶

ドイツ語を使うどの局面においても辞書というのは良き伴侶です。そのため、どのような辞書を使うかによって学習の効率性が大きく変わってきます。

辞書の選び方については以下の記事で詳細に述べておりますので、ご覧ください。

ルーティン化の大切さ

言語力のそれぞれの側面に応じたこれらの勉強法には順番があるのではなく、それぞれ平行して、または繰り返して実践していく必要があります。

しかし最も重要なことは、一日では語学は上達することは絶対にないため、何年も継続的に行うことです。そのため、勉強をルーティン化することが役立ちます。ルーティン化によって考えることなく勉強することができるため、ただでさえ退屈になりがちな勉強を継続していくことができます。

例えば、朝は単語の勉強を10分だけするとか、夜はPodcastを聞くとか、または曜日によって勉強の内容を変えてみたり、はたまた語学学校に通うことで定期的に宿題をこなしたりすることで、日常生活の中にドイツ語学習を溶け込ませましょう。

ドイツ語・留学移住関連の記事

記事中で言及した記事一覧(再掲)

その他の関連記事