読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

大学で近代日独軍事史を研究する伊藤智央のエッセイ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います。

英語とドイツ語、どちらが難しいのか?

語学 語学-ドイツ語 語学-英語

ドイツ語に興味がある人からしばしば聞かれる質問に、「ドイツ語と英語、どちらのほうが難しいの?」というものがあります。

日本人にとってそれぞれドイツ語の方が難しい点と英語が難しい点がありますが、総体としては若干ドイツ語のほうが難しいというのが私の感覚です。*

*あくまでも一人のドイツ語・英語学習者としての意見です。以下、同様

ここではそれぞれの言語を学習する上で何が障害となるのかを見ていくことで、両言語の学習を比較してみたいと思います。

英語対ドイツ語

言語学習の3つの障害

言語をマスターするためには一般的に、

  • 文法
  • 発音
  • 語彙

という3つの障害があると考えます。

語彙という障害とは?

文法と発音は想像ができるかもしれませんが、語彙というのはわかりにくいでしょう。例えば、英語話者の人にとっていくつかのドイツ語単語は英語から推測できるので、暗記する量が日本人よりも少なくてすみます。

他の例としては、日本人にとっての中国語が挙げられます。日本人にとって「電脳」という中国語は中国語を知らなくても「コンピューター」と推測できますが、ヨーロッパ語圏の人にとってはゼロから学ばなければならない言葉です。

このように単語を暗記するときに、これまでに習得した言語から連想できるかどうかで学習の難易度が変わってきます。

文法:ドイツ語の方が難しい

文法は英語の方が簡単です。格変化を例にとってみるとそれは一目瞭然です。

英語の格変化

英語では代名詞の場合を除いて1格から4格までの変化がほとんどありません。これは主語になる場合でも目的語になる場合でも、単語自体、それに掛かってくる冠詞や形容詞が変化しないということです。

例えばBookという単語の格変化を確認してみると2格の場合を除きbookという単語自体は変わりません。

例文
Bookという語の変化
1格(主格) This book is good. book
2格(所有格) This book's title is good. book's
3格(間接目的語の場合) I'll give this book a chance. book
4格(目的格) I have a book. book

ドイツ語の格変化

これに対してドイツ語の場合はBuch(=本)という単語は全ての格において変化します。

例文
Buchという語の変化
1格(主格) Das Buch ist gut. Buch
2格(所有格) Der Titel des Buches ist gut. Buches
3格(間接目的語の場合) Ich gebe diesem Buch(e) eine Chance. Buch(e)
4格(目的格) Ich habe das Buch. Buch

つまりBuch、 Buches、Buch(e)、Buchという格変化になります。

ここでは詳細を挙げることはしませんが、格変化はこれだけではなく、単語の性(男性、中性、女性)によっても異なりますし、冠詞や形容詞も後に続く単語の格に応じて変化します。

つまり格変化においては、3 (無冠詞、定冠詞、不定冠詞) x 4 (1-4格) x 3 (男性・中性・女性) x 2 (形容詞の有無) = 72 パターンを頭に叩きこむ必要があります。*

*但し、72パターンの中には同じ形態をとるものもあり、変化の仕方にある程度のパターンが認められるので、72パターンの丸暗記というわけではありません

これだけで、ドイツ語のほうが文法に関しては英語より複雑というのがわかるでしょう。

発音:英語のほうが難しい

文法に対して発音においては、英語のほうが難易度が高いです。

ここでは発音自体の難しさではなく、単語を見て発音が思い浮かぶかどうかという点に絞って述べます。

発音と綴りが乖離した英語

英語については、例外的な発音が少なくなくで、ある単語を正確に発音するためにはその単語の発音を事前に知っている必要があるものが多いです。

単語を聞いてそのスペルを口頭で答えるコンテスト(Spelling bee)がアメリカを中心に広く行われていますが、これは英単語の綴りと発音が乖離しているからこそ可能です。

発音のルールが簡単なドイツ語

一方のドイツ語の発音は基本的にはアルファベット通りに行われます。確かに日本人にはなじみのない発音もありますが、単語を見れば発音はわかるという意味でドイツ語のほうがルールが簡単ではないでしょうか。

そのため、ドイツ語でスペル・コンテストをやっても、綴りと発音が乖離している単語は限られてくるので成り立ちません。

語彙:難易度は同じ

日本人が英語とドイツ語を学ぶ場合、どちらの言語に対しても日本語を基にそれほど多くの単語が類推できるわけではありません。

英語のほうがカタカナ語化して日本語に入り込んでいるため若干類推は効きやすいといえるかもしれません。しかし、英語と日本語や、ドイツ語と日本語の間には、日本語と中国語や、英語とドイツ語の間のような類似性は認められません。

そのためこの点では英語、ドイツ語とも難易度は変わらないといえるでしょう。

結論:ドイツ語学習のほうが難しい

これらを踏まえると発音は英語のほうが難しく、文法はドイツ語のほうが難しいという結論になります。

確かに学習のより大きな妨げになるのは、英語発音の難しさかドイツ語文法の難しさのほうなのかは意見が分かれるところかもしれません。

しかしこれらの障害は、言語学習において異なった重要度を帯びています。

後回しにできる発音学習

英語の発音の難しさは、英語学習の期間全体にわたって生じる代わりに、一気にではなく少しずつ克服できます。難しい単語があれば発音記号やネイティブの音声に沿って発音を覚えればいいわけで作業としては難しくありません。

しかも面倒であればその作業を後回しにしても学習を進めていけます。

後回しにできない文法学習

しかしドイツ語の格変化は、学習の初期に一気にマスターしないといけません。これは後回しにできる問題でもなく、マスターせずに先に進んでも文章は全く読めないことになるからです。

結論

それぞれの障害を後回しにできるか否かという点から私は、ドイツ語文法の複雑さのほうが英語の発音の難しさよりも、学習のより大きな障害であると感じます。

関連する記事