元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

ドイツの大学で歴史を研究する伊藤智央のブログ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います

人文科学の論文を英語ではなくあえて日本語で書く理由

自然科学や社会科学では、英語論文を権威のある国際ジャーナルに投稿することが高く評価されます。そうした評価の観点を文系の研究業績にそのまま当てはめて、

  • 「日本語ばかりで研究発表している人文科学系は遅れている」
  • 「人文科学も英語で研究発表しなければ意味がない」

と批判をする人もいます。

しかしそれは、研究分野の本質的特徴の違いを無視した主張です。

ここでは、人文科学の業績が現在どのように評価されるかという現状を紹介するのではなく、人文科学の在り方という観点から、「日本語*1で人文科学の論文を書くことの意義とは何か?」について論じたいと思います。

*1:同じ議論は、日本語以外のマイナー言語にも当てはまります

続きを読む

ドイツで就職するために学生が出来る4つのこと

ドイツでの就職事情は日本とは大きく異なります。そのため、日本では簡単に就職できるような一部の学生でも、ドイツに来れば就職のチャンスが極めて低いというようなことがあります。

というのも日本とドイツでは、就職の際に求められるスキルが全く異なるからです。つまり、文系で鍛えることができるソフトスキルと呼ばれる

  • コミュニケーション力
  • 協調性
  • 思考力
  • 交渉力

といったスキルはあまり重要視されず、それよりも、ハードスキル、つまり

  • 工学の知識
  • 自然科学の知識
  • プログラムの知識
  • 数学の知識
  • 経営の知識

といった、仕事ですぐ使えるような具体的知識が求められています。ドイツでの就活は、いわゆる理系の学生にとって有利といえます。

では、ドイツで就職するためにはどのようにしてこのようなハードスキルを、会社側にアピールできる形で習得できるのでしょうか?

まず、ハードスキルを持っているということを、他人に説得力をもって提示するためには、以下の二つの方法があるということを頭に入れておく必要があります。

  • 資格習得を以て証明する
  • 実践経験を以て証明する

そのため、ここではこの資格習得と実践経験という二つの軸に沿って、ハードスキル習得に向けた具体的なアドバイスを提示してみたいと思います。

続きを読む

なぜ外国の歴史を勉強するのか?歴史家が考える4つの意義

学校でも大学でも遠い外国の歴史を勉強することがありますが、

そのように地理的にも時間的にも離れた地域の話をどうして勉強しなければならないのか?

と疑問に思ったことはありませんか?

外国史を扱う歴史家も、

  • 「どうして、そんなことを研究してるの?」
  • 「そんなことを研究して、どんな(現代的)意味があるの?」

という質問を受けることがあります。

そうした疑問を抱くことは当然でしょう。遠い異国の過去の話しなど、自分には関係ないように思えるからです。

「海外の歴史は教養のためだから」という一言で片づける人もいるかもしれませんが、「教養」という言葉はあまりにも曖昧です。そのため、ここでは「教養」という言葉を使うことなく、上記のような素朴な疑問に答えるため、「遠い国の過去の物語り」を勉強することの意義について、私がこれまでの学問生活の中で考えてきた一つの説明を提示したいと思います。

*以下では、国単位で説明していますが、これは説明を簡単にするためです。以下の説明は、「国」という言葉を別の言葉におきかえていただければ、一国史という枠に縛られない研究にも当てはまります

**以下ではあくまでも理念型を説明しています

続きを読む

【体験談】博士論文を2年以内に提出するための具体的方法

私はドイツの大学で博士論文(歴史系分野)を提出しましたが、合計で1年11か月を要しました。

博士論文提出後にも口頭試験や、国によっては出版*1という条件をクリアして初めて博士号が授与されますが、一番の難関は論文を執筆することです。ここで10年費やしたり、挫折してしまうことも多いでしょう。

ということで、私が博士論文を提出するまでに実際に行ったテクニックをまとめて紹介することで、執筆を予定している、もしくは現在、博論に取り組んでいる人の参考に供したいと思います。

*1:ドイツの場合

続きを読む

仕事上の夢を現実に変えるための具体的なテクニック

仕事上で夢を持っている人は多いと思います。夢といってもいろいろなものがありますが、組織の中で出世したり、就職や転職で自分のしたかった仕事を得たり、自営業であれば特別な案件を獲得したり、ということがあるでしょう。

しかし、夢とは、その言葉の通り、なかなか実現が難しいものです。

そこでここでは、どのようなことをすれば実際にこの夢をかなえられるのかについて、1つのアプローチを説明したいと思います。その際には、希望ポストやマーケットポジション、希望案件の獲得を念頭に話していきます。

続きを読む

【これだけ覚えれば十分!】プレゼンで使えるパワポ・ショートカット3選

プレゼンをPCで行う場合、もちろん内容も重要ですが、うまく機器を操作できるかどうかで、発表内容への印象も変わってきます。手際のよい発表を行うためには、ショートカットのマスターが必須になってきます。

手際のよい発表は、見ていても気持ちがいいだけでなく、例えば素早く画面を切り替えることなどで、聴衆の待ち時間を減らして満足度を向上させることができます。

ここでは、日常的にプレゼンをしている私が、最も使えるショートカットを3つお教えします。

続きを読む

プレゼンで緊張し過ぎないための3つの方法

大人数であれ、少人数であれ、人前で何かを話すときに緊張することは普通のことです。

しかし、過度に緊張すると、話したいことがうまく表現できず、自分の伝えたいことが十分には伝わらなくなります。加えて、緊張が聴衆に伝わり、話している内容への信頼感も薄らぎます。

私も、特に外国語で発表する前には、先走っていろいろなシナリオを考えてしまい、無駄に緊張しすぎてしまう傾向があります。一般的に、「うまく発表したい」という気持ちが強ければ強いほど、失敗という最悪の事態を想定するため、緊張してしまうのではないでしょうか。

しかし私は、ある時から以下のことを心がけるようにしました。その結果、緊張を適度な範囲に収めることができるようになりました。

ここでは、私が実践している、そうした方法を紹介します。

*ここでは発表を念頭に置いて説明していますが、挨拶や面接でも通用するので、是非、参考にしてみて下さい。

続きを読む

「死ぬほど頑張る!」という根性論よりももっと大切なこと

「他人の2倍、3倍頑張れば成功する!」

ある業界で際立った業績を残したいと思っている人や、立ち遅れていると感じている人からたまに聞かれる表現です。

しかし、こういう表現を聞いてすぐに思うのが、

「本当に2倍、3倍も頑張れるの?」

ということです。努力の量を増やすよりも、何に向かって努力をするのかという点を工夫したほうが、よっぽど効果的だと思います。

スポーツ選手であれ、会社員であれ、どんな仕事をしようとも、そうした精神論の空虚さに気付くことが、ライバルに差をつける第一歩でしょう。

続きを読む

留学に人生を振り回される文系研究者たち

地域研究をしている場合、その地域への留学は研究者人生においてほぼ義務です。

ただ、留学期間や形態は個々人の事情によって異なっています。

史料を収拾するために海外の大学に籍を置いて、日本に帰ってから日本の大学で論文を提出する場合もあれば、そのまま海外の大学で博士論文を提出することもあります。海外で学位を取ろうとする場合、その大学での指導教授とのコミュニケーションも欠かせませんし、学生間でのコミュニケ―ションも必要となります。

私はいろんなタイプの留学生を見てきました。

その中には現地で博士号をとることを目指して留学したがゆえに、その後の人生が全く変わってしまった人もいます。そのような人を見ると、果たして留学という選択が研究者人生にどのような影響を及ぼすのかについて、深く考えさせられます。

続きを読む

【大学受験対策】東大に入るための、授業の効率的な利用法

受験競争の中で、私は他の人を見ながら「こんなことしてたら、いつまでたっても受験に受からないよ」と思う行動パターンを観察していました。

そうした行動パターンの中でも、最も非効率なものが学校の授業の使い方です。

私は塾にも行かずに、公立高校から現役で東大に合格したのですが、それが出来たのも、学校の授業の使い方において、他の人と差をつかることが出来たことが大きいのではないかと思います。

続きを読む

他人に与える印象をうまくコントロールするための2つの方法

コンサル業に限らず、仕事をする上で人と接する場合、相手にどのような印象を与えるかというのは大切です。

そもそもコミュニケーションのなかで相手に与える情報のうち、言葉よりもボディランゲージが占める割合は多いため、相手へ与える印象を改善したければ、ボディランゲージを意識する必要があります。

しかし、コントロールできるボディランゲージは限られています。多くの人は、話をするとき無意識的な癖が出てしまうものです。

では、こうした無意識の振る舞いはどうやってコントロールできるでしょうか?

続きを読む

【ワーク・ライフ・バランス論】なぜ人は休日にしっかり休む必要があるのか?

友人など周りを見ると、休日まで仕事を入れている人もいますが、それには違和感*を感じます。

*あくまで個人的な感想です

なぜ休めないのか?それとも休みたくないのか?

自分も基本的に仕事人間なので、「仕事にしか熱中できない」ということが、どれほど心の「貧困」を表しているのかが理解できます。

そこで、なぜ人は休日に(仕事から)距離をとる必要があるのかについて説明していきたいと思います。

続きを読む

戦略コンサルタントとして身に付く能力をわかりやすく解説

戦略コンサルタントという職業は外資系投資銀行と並んで、ハードかつやりがいのある仕事と言われます。加えて、ビジネスマンとして普通の企業で働くよりも何倍ものスピードでの成長が見込まれるともいわれます。そのためもあって、就職活動においても人気上位の一角を占めています。

ではコンサルタント業に就くと、具体的にはどのような能力が身に付くのでしょうか?

私のコンサルタントとしての体験をもとに説明すると同時に、私がコンサルタント業を辞めた理由について説明していきます。*1

*1:ポジションやクライアントの業種、個人の資質によって、それぞれ異なった「学び」がありますので、ここで述べる内容は、あくまで私個人の体験として捉えてください。以下はスタッフとして働いた経験を基にしています

続きを読む

【体験談】キャリア選択を正しく悩む方法。最大の敵は「自分自身」?

自分の仕事や職業をどのような基準で選んでいますか?

自分がその仕事内容や職業に興味があるからそれを選ぶ、という人もいるでしょう。

しかし中には、難しそうだから成功させたいという動機が混じっている場合もあるでしょう。上昇志向の強い人の中には、そのような動機が強い人がいます。チャレンジのし甲斐のある仕事を選び、それをこなすことで自分のスキルアップも図っていくというキャリアです。

私も、子ども時代はそのような考え方をしていました。例えば、高校時代は医者になることも考えましたが、その考えには、「医学部は入るのが難しそうだから、医者になろう」という気持ちが混ざっていました。

医者の卵からも、「脳外科が一番難しいから、脳外科を将来やりたい」ということを聞いたことがあります。他にも、「○○料理の本場である○○でお店を出したい」という考えも根本にある思想は同じです。

ここでは、こうした自分視点でのキャリア選択の中に潜む盲点を明らかにし、キャリアの選択肢を広げるための、視点の切り換え方を説明していきます。その際には、私個人の体験談も踏まえて考えてみたいと思います。

続きを読む

【大学を中退したい人へのアドバイス】私が東大を辞めなかった理由

私は大学に入った当初、大学を中退する衝動に駆られたことがあります。

当たり前ですが、周りは猛反対です。「せっかく、東大に入ったのに、頭おかしいんじゃないのか」というようなことはよく聞きました。しかし、結局、東大にもいい面を見つけることが出来、徐々に自分が選んだ大学というものを受け入れて生きていけるようになりました。

そこで、なぜ私が大学を辞めたかったのか、なぜ私が大学を辞めなかったのか、そして半分自己肯定的ですが今から考えて、大学を中退しない方がいいと考える理由を述べたいと思います。

続きを読む