読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

大学で近代日独軍事史を研究する伊藤智央のエッセイ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います。

【検証】顔面偏差値診断アプリを使い比べてみたら、とんでもない結果が出た・・・

メディア メディア-面白い画像・動画

顔の魅力度を測定してくれる無料サイト・アプリを和物・洋物2つで試してみました。なお診断サイト・アプリ関連のリンクは文末にまとめております

それではまず、Howhotという洋物サイトを試してみます。これはチューリッヒ工科大学で開発されたようで、写真をアップロードするだけで、OKからGodlike(神)までのカテゴリーで判断してくれます。

Howhot

試してみたら・・・

早速、昔の証明写真を取り出してのせてみました。正面からとった写真が、プログラムが判断する際に一番適しているそうです。(見苦しいのでモザイクをかけていますが、実際にアップした写真にはモザイクはかけていません)

顔面偏差値測定

「OK」って・・・しかも♀になってる。写真映りもあって確かに女性っぽい顔立ちではあるけど、正しいカテゴリーで判断して欲しかったです・・・

サンプルの顔写真もサイトには掲載されていて、例えばこの変顔の人の場合も「OK」のようです。

変顔の男性

出典:Let Artificial Intelligence guess your attractiveness and age | ETH Zürich & BLINQ dating app #howhot

俺の顔はこれと一緒ってことかよ・・・顔面偏差値でいうと30とかそういうことなんでしょうか(笑)

ちなみに、ドラゴンボールのキャラクターや政治家の写真も入れて、その結果を戦わせたりした結果をブログで紹介したかったのですが、肖像権や著作権の関係上問題がありそうなのでやめておきます。ご自分でアップロードしてみて楽しんでみてください。

(試しにある有名政治家の写真を入れたところ、評価は「Hmm」でした。彼/彼女のためにも実名は公表しません。「Hmm」の顔ということがわかると、イメージ先行型となってしまった現代選挙では支障が出るかもしれないので)

腹立たしいので、このプログラムの問題を挙げておく

このプログラムの正確さについては、以下のフランクフルト一般紙で言及されています。どうも、年齢が上がっていくにつれ、熟年の魅力度の測定が困難なようです。ジョージ・クルーニーも下の記事によると単なる「OK」みたいです。

加えて、「美しさ」の指し示すところが歴史的に変遷しているということもプログラムは考慮できていないので、昔、美男子・美女と呼ばれていた人の魅力度も正確に測れません。

美的感覚には文化的な要因も絡むので、このプログラムがどれだけ日本の美的センスに答えるものなのかは未知数なのかもしれません。

参考記事:Gesichterbewertung durch die Software „howhot“

著作権の問題も省みずに、いろいろなキャラクターの魅力度を測定した結果をのせたサイトもあるようですが私には怖くてできませんが・・・

美男美女診断

洋物は美に対する基準が違うからやはりダメなんだとぼそぼそ不満を言いながら、次に日本人に特化した顔面偏差値測定アプリ「美男美女診断」を試してみました。

これは写真を事前に用意するのではなく、その場で自撮りするとすぐに診断してくれます。わかりやすいことに、似ている芸能人まで教えてくれます。

ということで撮影。最初は香川照之似のBという判断になりました。

美男美女アプリ撮影画面 香川照之だぜ!

納得がいかず再度挑戦。意味があるのかわかりませんが、今度は背景を変えて何度も撮ってみました。すると結果は・・・

2回目
3回目
4回目
なんと松田龍平! 北川大介って誰だ 堺雅人、やったぜ

松田翔太(A)→北川大介(B)→堺雅人(B)となりました。ていうか北川大介って誰???と思い調べてみるとこんな感じの方なんですね。

男と女/愛をありがとう

ってこれは似てないだろう!髪型も角刈りっぽくないし。ということでかっこいい松田翔太似ということにしておいてください。

補足:顔面偏差値スカウター

ちなみに日本人向けとして顔面偏差値スカウターというアプリもありますが、私のスマホではフリーズして動かないので、まだ試すことができていません。

やっぱり、日本人向けの診断ツールの方がしっくりくる

個人的には、スイスの診断サイトよりも日本人に特化したアプリのほうが、似ている芸能人も教えてくれるのでわかりやすいですが、ただ写真を撮り直す度に判定が結構変わってしまうという不安定性がネックです。

無料診断サイト・アプリへのリンク一覧

関連する記事