読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

ドイツの大学で歴史を研究する伊藤智央のブログ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います

【キラキラネーム】ドイツ語っぽい名前を赤ちゃんに付けると恥をかく理由

ドイツ語っぽい言葉の響きがかっこいいから、ドイツ語っぽい名前(以下、姓名の内、「名」の意)を赤ちゃんに付ける人がいます。

例えば

  • リヒト(Licht:光 ひかり)→例:理人
  • ハルト(hart:剛 つよし)→例:春人
  • アイネ(Eine:一 かず)→例:愛音
  • マハト(Macht:力・権力)→例:真羽人

といった名前です。(括弧内は、日本語への意訳です)当て字なので、漢字のバリエーションは幅広いでしょう。*1ここでは、たまたまドイツ語と似ている名前ではなく、ドイツ語っぽい響きがかっこいいという理由から名づけられた場合を念頭においています。

こうした名前はドイツ語の感覚を全く無視したものでしかなく、ドイツ語に関する、自分の無知を見せているようなものです。その理由は、日本とドイツの名づけ文化の違いにあります。

なぜこうしたドイツ語っぽい名前がDQNネームでしかないのかについて、日本とドイツの名づけ文化について考察した上で述べていきたいと思います。

嫌がる赤ちゃん

日本語の人名の特徴

特徴①普通名詞が人名に転用できる

日本の人名の感覚では、普通名詞か固有名詞かの区別をせずに名前をつけることができます。

例えば、「光」(=普通名詞)のようになってほしいから「ひかる」と名付けたり、「強くなってほしい」から「強(つよし)」(形容詞の名詞形)と名付けたりします。この場合、自然現象としての「光」と、人名の「光」の間の境界は存在せず、人名に転用しても違和感がありません。

つまり、身の周りの具体的なことを指し示す普通名詞や形容詞の名詞形も、そのまま人名(の一部)になるということです。

特徴②モノの固有名詞が人名に転用できる

次の日本語の特徴は、固有名詞であっても物につけられた固有名詞は人名に転用できるということです。

例えば、「太陽」という言葉がありますが、これは恒星である太陽を指し示すのですが、星としての太陽にあやかった形で人名にもなります。

結論:人名によってある特定の意味が表現できる

結論として言えることは、日本語の場合、人名に対して、かなりの程度直接的な意味を付与できるということです。

例えば、「健康に成長してほしい」ということが「健太郎」という形で間接的に、「健(たけし)」という形で直接的に表現できますし、それを表現しようとする親も少なくありません。

ある意味、形容詞であれ、普通名詞であれ、モノの固有名詞にあやかってであれ、どんな意味も名前の中に含めることができるということです。

ドイツ語の人名は、人名専用の固有名詞

それに対して、ドイツ語の人名の場合、直接的には意味を持たないものばかりです。

確かにドイツ人の人名も、ラテン語やヘブライ語、ゲルマン系由来がほとんどで、それらは意味を持っています。正確に言うと、過去には意味を持っていました。例えば以下の記事で、ドイツの赤ちゃんにつけられた名前の意味も参考として付記しています。

しかし、この意味はあくまで参考程度でしかなく、名前はそのもともとの意味から独立した固有名詞となっています。

つまり、日本語で「ひかり」という人名を聞けば、すぐさま物理現象としての光を思い浮かべます。しかし、「パウル(Paul)」という言葉を聞いてすぐさま「小さい人/年少者」というラテン語のもともとの意味を思い浮かべる人はまずいないでしょう。ラテン語の意味合い/ニュアンスは現代ドイツではすでに失われてしまっているからです。

そのため「パウル」という名は、それ自体、固有名詞になっています。「パウル」は「パウル」以上でも以下でもなく、それに含まれる意味合いは、身近に「パウル」という人がいたかどうか、その人がどのような人なのかどうか、といった個人的に感じるイメージしか含まれません。

他にも「フィリップ(Philipp)」という名前についても、「馬の友」という意味ですが、フィリップという名前を聞いて、「馬」を連想することは現代ドイツではありません。連想したとしても、それは「フィリップ=馬の友」ということを知っているから連想できるのであって、その事前知識がなければ、「馬」を連想することはありません。

つまり、ドイツ人の人名は、それ専用の単語が容易されており、形容詞や普通名詞、モノの固有名詞との境界がはっきりしているということです。

これがドイツ語で赤ちゃんを名づける際の特徴です。

日本語の感覚でドイツ語を使うのは不自然

現代の日本語とドイツ語における、名づけ文化の違いを理解すると、なぜ「リヒト」といったような名がNGなのかわかるでしょう。つまり、

  • 日本語:人名には普通名詞やモノの固有名詞も転用ができる
  • ドイツ語:人名は人名専用の固有名詞を使う

という慣習の差が存在しています。

そのためドイツ語の単語を、ドイツ語の名づけ文化に反する形で日本人の感覚だけで子どもの名前に使用すると、ドイツ人から見て不自然になります。ドイツ語が出来る人から見ると、「ドイツのことを知らない」ということが一目でわかってしまいます

子どもに名前を付けるときに、ポジティブな意味の名前を付けたいというのは親心共通でしょう。しかし、子どもが将来どのような道に進むかはわかりません。子どもがドイツと関係するようになるかもわかりません。

そうなった場合、わかる人が見れば、ネガティブなニュアンスが出てしまいます。

そのため、外国語由来の名前を付けるときは、自分の国の名づけ文化とともに、相手先の国(ここではドイツ)の名づけ文化を十分に観察して理解することが必要となってきます。そうでないと、子どもがいつ、どこで恥ずかしい思いをするのかわかりません。

関連する記事

*1:他にも例があれば教えてください