読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本

大学で近代日独軍事史を研究する伊藤智央のエッセイ。ドイツと日本に関する批判的な評論を中心に海外生活(留学や移住)の実態をお伝えしています。その際には元戦略コンサルタントとしての経験も踏まえてわかり易くお伝えできればと思います。

【海外動画】かわいい動物があんなことやこんなことをしたらどうなるのか...

メディア メディア-面白い画像・動画

海外動画には動物が登場する面白いものがあります。

例えば、もし猫がゾンビと戦うことになったり、ポニーが膝の上に来るような動画は見ていて愛らしいと思えます。

ゾンビと戦う猫

Youtubeで人気の猫という要素と、ここ数年流行の"The World War Z"や"The Walking Dead"といったゾンビ物の映画・ドラマを組み合わせた動画をまずは紹介したいと思います。

この動画はかなり仕上がりがよく物語性もしっかりとしています。


特に最後の「落ち」にビデオの仕上がりのよさを感じました。

ポニーが欲しくなる広告

北アメリカ、イギリス、ドイツ、オーストリアで放送されているアマゾンのCMに出てくるポニーがかわいくて仕方ありません。こんな動物、ペットとして欲しいです。

ショートストーリーはこのようになっています:

新しい牧場に来て、体の大きな馬たちからのけ者にされているポニー。それを見た飼い主が不憫に思ってポニーがいつでも家の中に来れるように玄関を通り抜けれるミニドアをアマゾンに注文します。

さっそく届いたものを玄関にとりつけると、のけ者にされていたポニーが家に入ってきて、飼い主のソファに頭を乗せながらリラックスします。

このポニーの可愛そうな目!出っ張ったお腹。テレビで初めて見た瞬間から脳裏に焼きついて離れません。

ちなみにこのポニーはシェットランドポニー(Shetlandpony)といいますが、もともとポニーは鉱山での労働力として使われていました。背が低いのは狭い鉱山での労働にはぴったりだったということです。

近年では鉱山用ではなく、子供の乗馬用としてすっかり楽な生活をしています。ポニーってのどかな存在ですね。

いつかは冬に暖炉の前でポニーを撫でながら、ゆったりするような生活をしてみたいものです。

関連する記事